相模原/トータルリフォーム 仮設工事・外壁塗装・防水工事・リフォーム全般 SSHにお任せください

会社概要更新履歴一覧サイトマップお問合せ
HOME 事業案内 仮設事業部 防水事業部 塗装事業部 コーティング事業部 お問合せ


お支払いは現金銀行振込のほか
VISA・MasterCard・楽天カード
がご利用いただけます。

会社概要
施工事例
求人募集


対応エリア
関東全域どこでも対応できますので、お気軽にお問い合わせください。

■主な施工エリア ※順不同
【神奈川県】相模原市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市、厚木市
【東京都】町田市、八王子市

株式会社 SSH 詳細記事(No.2469)
【ブログ記事一覧へ】
2019/05/21(大規模改修工事)
シーリング工事
こんにちは。

監督です。


今日の天気はすごいですね。現場についたときにはずぶ濡れでした。そんな天気なので本日は休工。お客様の問い合わせ対応、お知らせ関係、その他処理なんかを僕はやっています。

話は変わりますが、本日は表題の通りシーリング工事のご紹介になります。

シーリング工事とは、ビルや住宅などの建築物の外壁を見ると、遠目には壁いっぱいに1枚板が取り付けてあるように見えますが、接近して見ると壁をいくつかに分割をした外壁部材が縦横に少し隙間を開けて取り付けられているのが分かります。

この隙間を目地と呼びます。目地を作る理由は、外壁部材が温度や湿度の変化によって伸び縮みしたり、あるいは地震や風圧によってたわんだり位置がずれたりし外壁部材が相互にぶつかり合うのを防ぐために作ります。

しかしこのままの状態では目地から水や空気出入りして、水密性、気密性を損なうので、外壁としての機能を果たしません。

そこで目地に何かの詰め物が必要になってきますが、この詰め物をシーリング材と呼びます。このシーリング材は大別して二種類あり、形状があらかじめ定まっている定形シーリング材またはガスケットと呼ばれるものと、形状があらかじめ定まっていない、すなわち目地に詰める段階ではペースト状で、詰めたあとしばらくたつとゴム状に変化するシーリング材があります。大規模修繕工事では劣化したシーリング材を撤去し新しくシーリング材を打ち替えて行くのです。

撤去・充填場所は主に外壁(塗装壁・タイル壁)縦横目地、ベランダ、廊下部のサッシ廻り玄関ドアなど様々な所に登場し生活には欠かせない工事なのです。

今回の写真は充填中と仕上げのヘラ抑えになります!!

では!!
2019/05/21

最近の記事
・2019/06/26 2019/6/26足場現調
・2019/06/26 港北区アパート塗装工事
・2019/06/26 クールタイトEL工法
・2019/06/25 大和市にて足場工事
・2019/06/25 2019/6/25足場現調
・2019/06/25 クールタイトF
・2019/06/24 クールタイトsi
・2019/06/22 水性クールタイトフッソ
・2019/06/21 水性クールタイトシリコン
・2019/06/24 2019/6/22足場現調
20196
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

<<<< 前の月 次の月 >>>>
BACK NUMBERS

CATEGORY
■足場現調(1)
■使用材料(25)
■大規模修繕工事(1)
■クッキーについて(1)
■コラム(10)
■施工実績【コーティング】(5)
■施工実績【塗装】(42)
■施工実績【仮設】(186)
■施工実績【防水】(32)
■施工実績(5)
■ブログ(25)
■全記事(333)



株式会社SSH
【本社】〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台4-11-1石井ビル2F
TEL:042-707-4073 FAX:042-707-4074

【資材置き場】〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台3490
Copyright © 2018-2019 SSH INC All Rights Reserved. Powered by POOSNET