防水事業部

  1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 防水事業部

防水事業部

お客様のケースに合わせて最適な雨漏り・漏水対策を致します。

FRP防水

FRP防水
FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは、ガラス繊維と樹脂を混ぜ強化したもので、軽くて強い特徴があります。

錆びたり腐ることがなく、耐熱性・耐食性・耐候性などにも優れているという特徴もあります。

防水保証書について

弊社の防水保証は各材料メーカー様と提携しており、保証書に関しましては各保証書になります。

  • メーカー材料保証書
  • 弊社施工保証書

ウレタン防水

ウレタン防水

ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂を塗布しシームレスで強固な防水層を作り仕上げる工事です。
比較的低コストで伸縮性接着性に優れているので様々な下地に対応できます。


ウレタン防水の種類

ウレタン防水には大きく分けて2種類あります。

  • 1.密着工法

    下地に直接防水層を密着させる工法。

    ウレタン防水の密着工法にも2種類あり、プライマーを用いて直接ウレタン防水材を塗る工法とガラスクロスの入った補強布を用いてウレタン防水材を塗り重ねていく工法があります。
    ウレタンの防水材を2層・3層と塗り重ねる事で防水層が成形されていき、最低でも2mm以上の厚みが必要となります。
    直接下地に密着させるので下地処理は必須となり、下地の影響を直接受け易い工法です。

    密着工法は下地に水分が含まれている場合に、通気をしない工法のため膨れなどが起こる可能性があります。

    密着工法に適している場所

    1.マンションなどのベランダ
    2.側溝や笠置
    3.庇や架台

  • 2.通気緩衝工法

    通気緩衝シートを下地に貼り付けてウレタン防水材を塗り付けていく工法。

    密着工法と違い下地に直接防水層を密着させないため下地の動きなどにも強く信頼性の高い工法です。
    また、通気緩衝シートを敷く事で下地からの水分を脱気筒へと逃す役割もあり、防水層の膨れの防止にもなります。
    特に屋上やルーフバルコニーには向いている工法で、コンクリート下地の場合に初めて防水工事を行う際には有効な工法です。

    通気緩衝工法に適している場所

    1.屋上やルーフバルコニー
    2.抑えコンクリートの場所


事業内容


塗装事業部

PAINTING DIVISION

  • シリコン塗装
  • フッ素塗装
  • ラジカル制御型
  • ハイブリット塗装


塗装事業部
仮設事業部
仮設事業部

TEMPORARY DIVISION

  • 住宅足場
  • 高層足場


防水事業部

WATERPROOF DIVISION

  • FRP防水
  • ウレタン防水
  • シーリング工事


防水事業部
屋根事業部
屋根事業部

ROOF DIVISION

  • 屋根葺き替え
  • 屋根塗装・外壁塗装・漆喰補修
  • 棟板金工事
  • 防水工事



ドローン外壁調査